お手持ちのPASMOが不要になったときは、払いもどしすることができます。
また、PASMO定期券の定期券情報のみを払いもどして、記名PASMOに切り替えて引き続きご利用いただくことも可能です。

記名PASMO(一体型PASMOを含む)、無記名PASMOの場合

SF残額とデポジット500円を払いもどしいたします。なお、SF残額が0円の場合、デポジット500円をお返しいたします。

  • 一体型PASMOの場合は、デポジットの返却はございません。

PASMO定期券(一体型PASMOを含む)の場合

定期券部分の払いもどし額(手数料を差し引いた額)とSF残額の合計と、デポジット500円を払いもどしいたします。

  • 別のPASMO取扱事業者の定期券に変更する場合(例:京王線→小田急線)は、定期券情報のみを払いもどし、お手持ちのPASMOをくり返し使用することができます。
  • PASMO定期券の払いもどし手数料は、事業者により異なります。
  • PASMO1枚に鉄道定期券とバス定期券が付加されている場合、払いもどし手数料は、それぞれの定期券について必要となります。
  • 定期券の残りの有効期間によっては、払いもどし額がない場合があります。くわしくは、定期券を購入された事業者におたずねください。
  • 一体型PASMOの場合は、デポジットの返却はございません。

払いもどしの流れ

ご用意いただくもの

PASMOエリアの駅やバス営業所等に、不要となったPASMOをお持ち下さい。また、公的証明書等をご呈示ください。

  • 無記名PASMOの場合、公的証明書は不要です。
  • 定期券がある場合は、その定期券の発行事業者へお申し出ください。
  • PASMO1枚に鉄道定期券とバス定期券が付加されている場合、両方の窓口にお越しください。

PASMOの種類に応じた払いもどし金額をお返しします。

一体型PASMOの払いもどし・解約

一体型PASMOのPASMO機能を払いもどした後の「クレジットカード機能」のお取り扱いについて、ご不明な点はクレジットカード会社へおたずねください。
なお、「PASMO」機能を払いもどすと、「クレジットカード機能」も解約となるものもありますのでご注意ください。

一体型PASMOの「クレジット機能」を解約したいときは、PASMO取扱事業者へ一体型PASMOとご本人確認できる公的証明書等をお持ちになり、通常のPASMOへ「PASMO機能」を移し替えるお手続きを行ってください。
お手続き完了次第、ただちにクレジットカード会社へお申し出ください。

  • 移し替えの際に新しいPASMOのデポジット500円は現金にてお支払いください。
  • PASMOオートチャージサービスは退会となります。
  • 一体型PASMOのPASMO機能を解約したときは、お手続後に必ずクレジットカード会社へもご連絡ください。
  • 鉄道定期券がある場合は、定期券発行事業者にお申し出ください。

ご注意ください

  • SF残額のみの払いもどしはできません。
  • 0時50分から5時00分までの間は払いもどしはできません。
  • SF残額と定期券の払いもどし計算額の合計金額が払いもどし手数料に満たない場合は、デポジットの500円のみご返却することがあります。