何らかの障害によってPASMOが使えなくなったときは、再発行が可能です。
使えなくなったPASMOの残額、定期券、オートチャージサービス機能も、再発行したカードに引き継がれます。
PASMOが何らかの障害により使えなくなった場合は、駅もしくはバス営業所等にお申し出ください。

障害発生から再発行までの流れ

ご用意いただくもの

障害のお申し出の際

  • 使えなくなった一体型PASMO

新しいPASMOをお受け取りの際

  • 再発行整理票
  • 使えなくなった一体型PASMO
  • 新しい一体型PASMO
  • 一緒に届いた案内状

障害のお申出・再発行申請書の記入

PASMO・Suicaエリアの駅やバス営業所等に行き、再発行申請書に必要事項を記入して、係員にお渡しください。

  • 画像は一例です。事業者によって異なります。

再発行登録・再発行整理票のお渡し

係員が再発行登録を行い、再発行整理票をお渡しします。
定期券が付加されている場合は、再発行登録の翌日以降にその定期券の発行事業者へお申し出ください。

  • 再発行整理票は再発行時に必要となりますので、大切に保管してください。
  • お渡しした再発行整理票は、再発行できませんので、大切に保管してください。
  • 障害再発行のお申込みは取り消しできません。
  • 画像は一例です。事業者によって異なります。

クレジットカード会社へご連絡

お客さまからクレジットカード会社へご連絡ください。
クレジットカード会社から新しい一体型PASMOが到着します。

  • 送られてきた状態のままでは「PASMOの機能」はご利用いただけません。

再発行手続き

再発行のお手続きのため、PASMOエリアの駅やバス営業所等で使えなくなった一体型PASMOと再発行整理票、新しい一体型PASMO、一緒に届いた案内状をお渡しください。

再発行手続きが完了した新しい一体型PASMOのお渡し

  • 障害再発行登録を行ったPASMOがオートチャージサービス機能付であった場合は再発行したカードにもオートチャージサービスが引き継がれます。また、再発行されたPASMOにバス定期券がある場合は、ご利用になるバス事業者にて「IC定期券内容控」の再発行が必要です。

再発行までの間、定期券区間内を利用するときは

使えなくなったカードの鉄道定期券内容が印字された面と再発行整理票を係員に呈示してご乗車ください。
バス定期券の場合は、使えなくなったカードと再発行整理票の他に「IC定期券内容控」をあわせて乗務員に呈示してご乗車ください。

ご注意ください

  • 一体型PASMOが障害となった場合は、必ずクレジットカード会社にもお申し出ください。お申し出がないと、新しいカードが送付されません。
  • 障害再発行のお申込みは、取消しできません。
  • お渡しした再発行整理票は、再発行できませんので、大切に保管してください。
  • 障害再発行の場合、再発行手数料およびデポジットはかかりません。
  • 使えなくなったPASMOに鉄道定期券が付加されている場合は、定期券の有効期間が切れている場合でも、その定期券を発行した鉄道事業者でしか再発行できません。有効期間の切れた定期券情報は消去しておくことをお勧めいたします。
  • 再発行後、それまでご利用いただいていたPASMOを使用した一部のサービスがご利用いただけなくなる場合がございます。くわしくはサービス提供会社にお問い合わせください。
  • 0時50分から5時00分までの間は使えなくなったときの再発行登録・再発行はできません。