小児用PASMOのご購入

小児用PASMOは、記名人であるお子さま本人が小児運賃で利用できるPASMOです。
鉄道やバスにご乗車できるほか、紛失時の再発行や、履歴表示でPASMOの使い道を確認するなど、
小学生のお子さまでも安心してご利用できます。

PASMO取扱事業者の各駅やバス窓口等でのご購入

  • 駅の定期券発売窓口に行き、「PASMO購入申込書」に必要事項をご記入のうえ、ご購入ください。
ご用意いただくもの
お子さまの年齢が確認できる公的証明書等

(例)

  • 健康保険証
  • 旅券(パスポート)
  • 身体障害者手帳
  • 知的障害者療育手帳
  • 精神障害者手帳(写真付)
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
  • 学生証(写真付)
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(写真付)など

※すでに別の小児用PASMOや小児用Suicaをお持ちの場合、新たに小児用PASMOを購入することはできません。

教えて!小児用PASMOガイド動画!

小児用PASMOについて、まだよくわからないという方やご購入時に何が必要なのか知りたい方へ、動画でわかりやすく解説しています!

  • 「小児用PASMOとは?」編

  • 「購入方法」編

  • 「体験談」編

Check!

小児用PASMOの有効期限は、
12歳となる年度の3月31日までです。

4月1日以降に手続きをすることによって
大人用PASMOとして引き続きご利用いただけます。

※小児用PASMO定期券から大人用PASMO定期券に変更する際は、
一旦大人用記名PASMOに変更する必要があります。
詳しくは 事業者におたずねください。

デポジット(預り金)について

PASMOを新規にご購入されるときに、お客さまからお預かりするお金のことで、金額は500円です。なおデポジットは、運賃の支払いや電子マネーとしてはご利用いただけません。

※PASMOが不要になったとき、PASMOと引き換えにデポジット(500円)をお返しいたします。ただし、一体型PASMOの場合はデポジットのご返却はありません。