PASMOは、首都圏の一般路線バスのほか、一部の都市間高速バスや空港連絡バスでもご利用いただけます。
また、Suica(マークがあるもの)などの交通系ICカードでもご利用いただけます。ご利用の際、読取り部にしっかりタッチしてください。

バス車内でのご利用方法(代表例)

ご利用になるバスが、運賃前払い方式の場合は乗車時に、運賃後払い方式の場合は乗車時と降車時に、読取り部にタッチしてください。
バス定期券でご乗車いただく場合も同様です。
小児運賃や割引運賃でご乗車される場合は、運賃お支払いの前に乗務員にお申し出ください。

運賃前払い方式(乗車の際に運賃をいただきます。)

運賃後払い方式(降車時にご利用区間に応じた運賃をいただきます。)

ご利用の流れ

乗車時に運賃機の読取り部にしっかりタッチしてください。

  • 信用多区方式の路線では、読取り部にタッチする前に、乗務員へ目的地をお知らせください。
  • 整理券は必要ありません。

定期券区間内の利用は「ピッ」、カード残額で利用の場合は「ピピッ」という音がします。

PASMOをかざしただけでは読取れません。
正常に読取りできない場合、電子音が「ピピピピピ」と鳴り、赤く光ってお知らせします。もう一度タッチしてください。

運賃後払い方式の場合は、降車時にも必ず読取り部にしっかりタッチしてください。

表示画面にメッセージが表示されます。

  • 信用多区方式の路線では、読取り部にタッチする前に、乗務員へ目的地をお知らせください。
  • バスの乗車方法(前乗り/中乗り)および運賃支払い方式(均一/信用多区/多区)は事業者・運行地区・路線ごとに異なります。
    くわしくはご利用のバス事業者におたずねください。

運賃支払い時に残額不足になったとき

運賃支払い時にSF残額が不足となったとき、チャージしてお支払いを希望される場合には、乗務員にお申し出ください。バスの車内にて、1,000円単位でご希望の金額をチャージ(入金)することができます。チャージしたうえで、IC運賃機の読取り部にタッチしてください。不足分は現金等でお支払いいただくことも可能です。

ご注意ください

  • 残額が、10,001円以上の時はチャージすることはできません。
  • 読取り部に正確にタッチしないと、読み取りできない 場合があります。その場合、電子音が鳴り、赤く光ってお知らせしますのでもう一度タッチしてください。
  • バスのIC運賃機ではオートチャージはご利用いただけません。バス車内でのチャージは乗務員にお申し出ください。
  • 使用しない交通系ICカードをIC運賃機に近づけるとSFを減額してしまう場合があります。
  • バス車内でのチャージは、停車中にお願いします。
  • 混雑時等は、チャージを制限させていただくことがあります。