PASMOの種類

お客さまの用途に合わせたPASMOを
お選びください。

大人用PASMO

PASMO定期券

定期券として利用できる記名PASMO

チャージしておくと、改札機にタッチするだけで定期券区間外の運賃も精算できます。

※PASMO定期券には、発売できない種類や区間の定期券もあります。くわしくは購入する事業者におたずねください。

※バス定期券情報は券面には印字されません。

PASMO定期券

記名PASMO

記名人のみが利用できるPASMO

紛失時には再発行できます。

※購入時にお客さまのお名前・性別・生年月日・電話番号の登録が必要です。

紛失再発行には、手数料などが必要です。

※法人名義(会社名・団体名など)では購入できません。

記名PASMO

無記名PASMO

どなたでも利用できるPASMO

無記名PASMOに、お客さま情報を登録すれば記名PASMOに変更できます。

※紛失時の再発行はできません。

※大人運賃が適用されるため、小児用はありません。

※バスの持参人式定期券を購入できます。

無記名PASMO

一体型PASMO

クレジットカードとPASMOが1枚になったカード

お買い物の際にはクレジットカードとしてご利用いただけます。

一体型PASMO
Check!

PASMOはリライト(書き換え)して、ずっとお使いいただけます。

定期券が必要なときも、不要になったときもだいじょうぶ!リライト(書き換え)できるので、1枚のPASMOをくり返し使うことができます。

小児用PASMO

PASMO定期券(小児用)

定期券として利用できる記名PASMO

チャージしておくと、改札機にタッチするだけで定期券区間外の運賃も精算できます。

※チャージしたSFで乗車されるときも、小児運賃が適用されます。

※PASMO定期券には、発売できない種類や区間の定期券もあります。くわしくは購入する事業者におたずねください。

※バス定期券情報は券面には印字されません。

PASMO定期券(小児用)

記名PASMO(小児用)

記名人が小児運賃で利用できるPASMO

紛失時には再発行できます。

※すでに別の小児用PASMOや小児用Suicaをお持ちの場合、新たに小児用PASMOを購入することはできません。

※購入時は、記名人の年齢が確認できる公的証明書等の呈示が必要です。

※紛失再発行には、手数料などが必要です。

記名PASMO(小児用)
Check!

小児用PASMOの有効期限は、12歳となる年度の3月31日までです。

4月1日以降に手続きをすることによって大人用PASMOとして引き続きご利用いただけます。

※小児用PASMO定期券から大人用PASMO定期券に変更する際は、一旦大人用記名PASMOに変更する必要があります。詳しくは事業者におたずねください。

ご注意ください
  • PASMO定期券・記名PASMOは、記名人以外が使用することはできません。また、お客さまのお名前・性別・生年月日・電話番号を正しく登録しないと、再発行や払いもどしができないことがあります。
  • バス定期券は一部のバス事業者のみで発売いたします。発売事業者、発売場所、定期券の種類については、ご利用になるバス事業者におたずねください。
  • 新規で郵送されてくる「オートチャージサービス機能付PASMO」と、バス事業者の窓口で発売する「記名PASMO」は表面にお名前が印字されませんので、PASMOの裏面にお名前をはっきりとご記入ください。PASMO鉄道事業者の駅へお持ちいただきますと、表面にお名前を印字いたします。