Apple PayのPASMO つかった金額の最大50%もどってくる!キャンペーン はじめる方も紹介する方も、今がチャンス!全員にキャッシュバック! 詳しくはこちら

閉じる

PASMO鉄道定期券のご購入

PASMO鉄道定期券はPASMO取扱事業者各駅の券売機(定期券発売機能付き)、
または駅の定期券発売窓口でご購入いただけます。

鉄道定期券に関するお手続き

  • 定期券の新規購入(通勤・通学※・小児用※)
  • 定期券の継続購入(通勤・通学※・小児用※)
  • 磁気定期券をPASMO定期券に変更

※通学・小児用の定期券新規購入、年度をまたいでの継続購入は、窓口でしかお手続できません。

券売機でのご購入

PASMO取扱事業者各駅の券売機でのご購入の手順

  • 「PASMO」にふれてください。
  • 「定期券」にふれてください。
  • 「新規購入」「継続購入」もしくは「PASMO定期券に変更」を選択してください。
  • その後は、券売機のご案内に従いご購入ください。

※操作方法は一例です。券売機の種類や事業者によって異なります。

窓口でのご購入

窓口では、定期券に関するすべてのお手続きが可能です。くわしくは購入する事業者にお問い合わせください。

PASMO取扱事業者各駅の窓口でのご購入の手順

  • 駅の定期券発売窓口に行き、「PASMO定期券購入申込書」に必要事項をご記入のうえ、ご購入ください。
ご用意いただくもの
お持ちのかたは
  • お手持ちのPASMO
  • 磁気定期券
通学定期券の新規購入の場合
  • 通学証明書
小児用PASMO定期券の新規購入の場合
  • ご利用になる本人の生年月日がわかる公的証明書等(健康保険証等)

Check!

購入時にPASMO定期券をお選びいただけるほか、お手持ちのPASMOを、PASMO定期券にすることができます。

Check!

1枚のPASMOには、鉄道、バスそれぞれの定期券を1種類ずつ購入できます。

有効期限切れのPASMO定期券を持っている方

新たに定期券を購入される場合

有効期限切れのPASMO定期券は、リライト機能により印字情報を書きかえることができるので、お手持ちのPASMOを払いもどしたり、新たにPASMOを購入しなくてもくりかえしご利用いただけます。

定期券を使わなくなった場合

定期券を使わなくなった場合は、PASMO取扱事業者の駅にお申し出いただければ、リライト機能によりPASMO定期券の印字情報を消去いたします。

なお、消去した後も、記名PASMOとして引き続きご利用いただけます。

ご注意ください
  • 新規にPASMO定期券を購入する際は、デポジット500円が必要です。
  • PASMOを1枚お持ちの場合、PASMO定期券のご利用に際して、新規でPASMOをご購入いただく必要はありません。また、PASMO定期券は券面を書き直してくり返し使用することが可能ですので、期限切れの際にはお手持ちのPASMO定期券を書き直してご使用いただけます。
  • PASMOで入場後、出場する前に定期券を購入すると、出場時に改札機での運賃計算ができないことがありますので、定期券は出場後にお買い求めください。
  • 連絡定期券を継続する場合は、その定期券を購入した事業者でしかお取扱いできないことがあります。購入する事業者におたずねください。
  • PASMO定期券から、別のPASMOへ、またはSuica定期券からPASMOへの定期券の移し替えはできません。

    ※磁気定期券と同様の区間を購入できますが、PASMOには発売できない種類や区間の定期券もあります。

  • 有効期間が切れた鉄道定期券がPASMOに残っている場合、再発行などの各種のお手続きは、その定期券を発行した鉄道事業者のみでのお取扱いとなる場合がありますので、有効期間の切れた定期券は消去しておくことをお勧めします。
  • 一体型PASMOに対して定期券を発売する事業者と、発売しない事業者があります。また、一部の一体型PASMOには、定期券を購入することができません。

磁気定期券からPASMO定期券への変更について

  • 記名PASMOの記名人と定期券の記名人とが同一の場合にのみ移し替えができます。
  • 有効期限内のPASMO定期券に、磁気定期券の情報を移し替えることはできません。
  • PASMOに移せない種類や区間の定期券もあります。

くわしくはその定期券を購入した事業者にお問い合わせください。