PASMOの誕生と歴史

交通カードのIC化、共通化・相互利用の実現のために、PASMOは誕生しました。

交通カードのIC化の背景

首都圏の鉄道ネットワークの
利用上の問題

首都圏私鉄・バスでは
磁気のプリペイドカードが主流

PASMO

2007年3月 サービス開始

利便性の高い共通ICカード乗車券(PASMO及びSuica)導入による公共交通機関の利用者の確保、利用促進

PASMOの歴史

2007年3月18日 PASMOサービス開始(当初、鉄道23事業者、バス31事業者で開始、移行順次拡大)
首都圏ICカード相互利用サービス開始
2008年1月10日 パスネットの発売終了
2008年3月14日 パスネットの自動改札機での使用終了
2008年3月15日 クレジットカード一体型PASMO発行開始(パスタウンカード、京急電鉄、東急電鉄、東京メトロ、東武鉄道で発行)
2008年8月 PASMO流通 1,000万枚突破
2010年3月31日 バス共通カード発売終了
2010年7月 バス共通カード使用終了
2012年4月 PASMO流通 2,000万枚突破
2013年3月23日 交通系ICカードの全国相互利用サービス開始
2014年4月1日 消費税率改定に伴い、交通運賃1円単位化への対応
2016年3月 PASMO流通 3,000万枚突破
2017年3月18日 PASMOサービス開始10周年
2018年3月17日 出場時オートチャージサービス開始