PASMOご利用案内

PASMOのご利用案内。PASMO(パスモ)は、首都圏を中心に全国の鉄道・バスでご利用いただける便利なICカードです。電子マネーとしてお買い物でもご利用いただけます。


>> P.7

71枚のPASMOに、鉄道・バスそれぞれの定期券を1種類ずつ購入できます。●バス定期券は、一部のバス事業者のみで発売いたします。 発売事業者、発売箇所、定期券の種類、お取扱いなどについては、 ご利用になるバス事業者におたずねください。●無記名PASMOには、持参人式定期券をご購入いただけます。●バス定期券情報は券面には印字されません。 「IC定期券内容控」を発行いたしますので、 機器やカードの障害など、カードが使えない ときは、乗務員(係員)が確認させていただく ことがありますので、必ず携行し、バスをご利用 くださいますようお願いいたします。●運賃後払い方式区間は、ご乗車時にPASMO 読取り部へタッチし、降車時にもIC運賃機の 読取り部へタッチしてください。バス定期券について※PASMOで入場後、出場する前に定期券を購入すると、出場時に改札機での運賃計算ができないことがありますので、 定期券は出場後にお買い求めください。※連絡定期券を継続する場合は、その定期券を購入した事業者でしかお取扱いできないことがあります。 購入する事業者におたずねください。駅の窓口や券売機でご購入いただけます。新規にPASMO定期券を購入する際はデポジット500円が必要です。定期券を継続して購入すればお手持ちのPASMOをくり返し使用することができます。鉄道定期券についてPASMOってなに?PASMO定期券ご注意ください。●PASMO定期券から別のPASMOへ、またはSUICA定期券からPASMOへの 定期券の移し替えはできません。※磁気定期券と同様の区間を購入できますが、PASMOには発売できない種類や区間の定期券もあります。持参人式定期券PASMO用語定期券をお持ちの方(1名)ならどなたでもご利用になれる定期券のことです。●一体型PASMOに対して、定期券を発売する事業者と発売しない事業者があります。 また、一部の一体型PASMOには、定期券を購入することができません。●有効期間が切れた鉄道定期券がPASMOに残っている場合、再発行などの各種 お手続きは、その定期券を発行した鉄道事業者のみでのお取扱いとなる場合が あります。有効期間の切れた定期券は消去しておくことをお勧めいたします。


<< | < | > | >>